MENU

【体験記】夫が6月に新型コロナウイルスに感染・入院した話

さとみ

こんにちは、2歳児を育児中のさとみ(@Nodoka_blog)です。

ということで、タイトルにも書きましたが、夫がコロナに感染し入院していました。

本当にドタバタで、夫婦そろって精神的にも肉体的にも疲弊していました。

現在は退院し、生活もようやく落ち着いたので当時の様子を公開します。

この記事では

  • 夫の初期症状
  • 同居パートナー、家族が新型コロナウイルスに感染したときの対処方法
  • 入院までの流れ
  • 退院後の現在の体調と生活

などを書いていきます。

万が一のことを考えて不安な人や、今まさに家族が感染して不安な方に少しでも情報をお届けできればと思います。

2歳の息子とどのように過ごしていたかは別の記事に紹介しますね。

目次

夫の当時の初期症状

まずはじめに、当時の夫の初期症状からお伝えします。

これまでニュースやSNSで聞いていた新型コロナの症状って、味覚が鈍くなる・倦怠感・発熱…という感じだったと思います。

しかし、今回の夫の症状は

  • のどの痛み
  • 翌日から発熱
  • 味覚・嗅覚あり

これが初期症状。

え?味覚も嗅覚もあるの?聞いてたのと違う!!

味覚も嗅覚も鈍ってすらなかったらしいです(;’∀’)

のどの痛み

今回これが一番ひどかったようで、最初から飲み込みが困難でした。

固形物は完全に無理。次第に液体も困難に…

医師によると、最近この症状のコロナ陽性者が増えているそうです。

入院後もこの、のどの痛みが一番長引いていました。

発熱

のどの痛みを訴えた翌日から38度超え。

過去にのどの痛みが原因で発熱を何度も経験していたため、のどが原因だと思い、以前処方してもらっていた解熱剤を飲んでいましたが全く効かず。

その後、入院してからは次第に落ち着き、入院2日目以降は平熱と微熱を繰り返す程度に。

味覚嗅覚あり

今回、陽性と聞いて疑ったのは味覚も嗅覚もあると本人が言っていたから。

退院後聞いたら最初から最後までどちらもしっかりあったらしいです。

さとみ

味覚や嗅覚をあてにして自己判断するのはやめようと思った瞬間でした…

初期症状は以上3点。

夫はのどが痛いのが一番つらく、他は比較的元気でした。

入院中盤で肺炎の影

入院中、のどの痛み以外はほぼ元気だった夫ですが、途中から咳が出始め、小さいながらも肺炎の影が出来ていたようです。担当医師によると「コロナ特有のもの」と言われ、夫自身にも私にも不安がよぎりました。

結果的に最後まで肺炎が悪化することはなかったけど、めちゃくちゃ不安でした。

同居パートナー、家族が新型コロナウイルスに感染したときの対処方法

まず発熱時ですが、やみくもに発熱外来に電話するよりも、発熱センターその他各地の相談窓口)に電話をして病院を紹介してもらった方が早かったです。

病院によっては「発熱センターに電話しました?」と聞かれました。

※夫は当時のどが痛くて喋るのも辛そうだったので、私が夫の代わりに病院探した。

かかりつけ医がいる場合はかかりつけ医にまず相談してください。

我が家はかかりつけ医がいないので東京発熱センターに電話をしました。

東京発熱センター
電話番号 03-5320-4592 
24時間(土曜日・日曜日・祝日を含む毎日)

※全国各地で相談窓口があるので、元気なうちに調べておきましょう。

「保健所に電話したら雑に扱われた…」などSNSで見たりしましたが、これが本当かウソかはわかりません。

ただ、熱が出てPCR検査を受けたいのであれば発熱センターに電話が適切かと思います。

発熱センターに電話をしたら

いつから発熱、現在何度、現在の症状など聞かれるので、一つずつ答え、近くの病院を紹介してもらいましょう。

私が電話したときは、タクシーで10分程度で行ける病院を4つほど紹介してもらいました。

※発熱した場合、病院に行く際は公共の乗り物(バスや電車)はNGタクシーはOK(後ろの窓を開けてもらうこと)と言われました。

紹介された病院へは自分で電話して診てもらえるか確認が必要です。

これ、症状重く一人暮らしとかだったらかなりツライ…

病院へ電話をかけたら

  • 発熱センターから案内してもらった
  • 現在の体温
  • 現在の症状

を伝えてください。

入院までの流れ

夫は病院へ行くと、のどの痛みを訴えていたけど、のどの診察は何故かさせず、即PCR検査の流れになったそうです。

そして翌日には検査結果が電話で知らされました。

入院までの流れは以下の通りです。

病院から検査結果(陽性)の電話

保健所から今後の対応に関する電話(発症するまでの行動調査、現在の症状などの確認)

翌朝も体温や症状の確認の電話(保健所)

入院準備、迎え等の確認の電話(保健所)

実は最初は軽症ということで、ホテル療養を言われていましたが、のどの状態が日々悪化。

水分すら飲みこみ困難な状態になりつつあったため、保健所に入院は出来ないか相談しました。

この時、保健所の方から「病院ではのどの診察や薬の処方はなかったのか?」と聞かれ、そういったものはなかったと伝えたら「今から診てもらえないか自分で確認してほしい」と言われたそうです。

どう考えても陽性患者ののどの診察なんて無理だろうし、そもそも自宅からバスもタクシーも乗ってはいけない状態でどうしろと?って感じですが、一応電話。

そして案の定診察は無理。

このあとも夫は

保健所 ← 夫 → 病院

と、のどが痛いのに板挟み状態で何往復か電話をさせられ、怒ってました(;’∀’)

さとみ

・・・まあ、そりゃ怒るよね・・・

PCR検査含め病院に行った時の注意点

夫の件をみて今回思ったのが、医師も看護師も今医療の現場はどこもバタバタです。

発熱以外の症状で「もしコロナに感染していた場合、このままホテル療養じゃ不安だな」というような症状
(今回の夫のように飲食が困難なほどののどの痛みなど)は適切な措置をしてもらえるよう、再度申し出る必要があります。

また、今回の夫のように保健所からホテル療養を言われても、症状として不安であれば相談可能です。

入院準備

我が家は陽性とわかってから最初ホテル療養と言われた時は

病院から陽性確認電話(日曜の昼)

保健所から行動調査等の確認(日曜の夜)

ホテル療養(火曜)

という説明でしたが、入院に変更になった途端、その日の昼から入院…という怒涛の流れになりました。

夫は外出は出来ません。 

なので、私が息子を連れて足りないものを買い出しに行きました。

入院準備メモ
タオル、寝間着(パジャマ)などの貸し出しは無いようです。
また、足りない分を家族が持っていくことは可能だけど、洗濯ものなど病院内から外に出すことはできないため、
タオル類、パジャマ、下着類は全て予定日数分必要になります。

容態によって状況は変わると思うので、保健所に必要なものなどはしっかり確認しましょう。

入院中も病院側に要望を伝えた夫の話

入院前に「のどが痛く、飲食困難なので点滴をお願いしたいから入院にしてほしい」とお願いして入院したにも関わらず、なぜか2日ほど病院食が出て食事できずにいた夫。

流石に水分も取れずにいたため再度点滴をお願いし、入院2日目の夕方から点滴に変更してもらいました。

このように、大半は入院後は病院に任せるしかないにしろ「このままじゃヤバイ」っていうことはしっかり伝えて対応してもらいましょう。

夫はその後も元気になってきたからみそ汁飲みたいなどもお願いしていたようです。

熱が下がってからCTを撮るなどしてのどの状態を診てもらっても原因不明だったみたいです。
コロナの影響だったのかも不明。
退院3日前くらいから急に回復していったと話していました。

退院後、3日間くらいはのどに違和感を感じながらも普通に生活してました。後遺症としても残るようです。

まとめ

サクッと今回のまとめです。

  • 体調不良、発熱発熱センターに電話で診察してもらえるであろう病院を紹介してもらう。
  • 病院へは「発熱センターに紹介してもらった」と伝え、診察してもらえるか確認の電話をする
  • 病院では医師、看護師に症状を伝え、熱以外の症状があるなら適切な措置(薬の処方など)をとってもらえるようお願いする。
  • 陽性が確認取れたらその後のことは保健所の指示通りにすること。
  • ただし、発熱以外に不安要素(のどの痛みによる飲食困難など)があるならホテル療養では心配だと伝え、入院できるか確認し、可能な限り対応してもらうこと。

家族が陽性患者になると、ニュースなどで聞いていて頭でわかっていても、いざ当事者となると不安が押しよせてパニックになります。

なので、「万が一」の時のために準備できること(発熱センター、保健所などの連絡先を調べるなど)はしておくことをお勧めします!

「2歳児連れて濃厚接触者になった話」、「新型コロナウイルスで入院した夫に医療保険適応で約10万円入ってきた!」も合わせてお読みください。

あわせて読みたい
【夫がコロナ感染!】濃厚接触者となった私と息子の14日間【体験記その2】 濃厚接触者になったことで困ったことや感じたことを書いていきますね。濃厚接触者になる前に準備できることや濃厚接触者になったらどう過ごすか…などを書いてます。子連れでの自粛生活が心配な人、何を用意しておいたらいいか気になる人そんな方の参考になればと思います。
あわせて読みたい
【体験記】新型コロナウイルスで入院した夫に医療保険適用で約10万円入ってきた! 新型コロナウイルスに感染し、収入が激減した夫に医療保険が適応されて約10万円が入ってきました。 あなた自身やご家族ご友人で感染により収入が減って困っている方は必見!! 加入している医療保険や国民健康保険を確認してみてください。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2歳の息子をせっせと育児しているアラフォー母ちゃんです。
仕入れたお得情報、試した商品、失敗した体験談、息子とのことなどを発信中。


にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる