MENU

【はじめての妊婦生活】腹帯はいつから必要??腹帯の種類、人気の商品を調べてみました。

はじめての妊娠でつわりに苦しんでいたため、腹帯のことなんてあまり考えていなかった私。

経験をもとに結論からいうと、腹帯は必要です!

めちゃくちゃお腹重くなるし、腰(股関節にも)にきます。

では、いつから必要なのか、どんな種類があるのかを調べてみたのでご紹介しますね。

はじめてのことでどんなものを使おうか悩んでる方は参考にしてみてください。

目次

腹帯はいつから必要?

腹帯はお腹が膨らみ始める5か月ごろから着用するのが一般的です。

いつから着用するか悩んだら戌の儀式を目安にするといいでしょう。

戌の儀式…犬は出産が軽く子だくさんということから、安産の守り神とされています。5ヶ月を過ぎて「戌の日」に安産祈願に行くことを指します。

腹帯の種類は?

では、どんな腹帯があるのか見てみましょう。

さらし

さらしは戌の日にお参りに行った際に神社でいただきました。

(私は不器用故、使うことはなかった…)

使った人の話を聞いたら、これが一番安定感があってよかったと言ってました。

難点は、トイレだったと…。

巻き直すの、確かに大変そうですね(;’∀’)

それでも、その方はお子さん4人とも、このさらしタイプを使ってたらしいです。(それくらい安定感があったんですね!)

パンツタイプ

犬印の腹帯セット。私は最初こちらを購入しました。

パンツタイプなので検診で脱着も楽ですし、トイレも楽。

しかも温かいからお腹の冷えにも安心!

腹巻タイプ

こちらはワコールの腹巻タイプの腹帯。

腹巻タイプは妊娠初期にオススメ!

お腹は目立たないけど、確実にそこに小さな命があって、冷やしちゃいかん!!となるので、この腹巻タイプはおすすめです!

ベルトタイプ

ベルトタイプはお腹が大きくなったらマジで重宝します。

支える安定感すごい!!

ベルトタイプの有名どころといえばこちら!

トコちゃんベルト!!

私はいとこから借りる予定が、同じ時期に妊娠が分かったため、利用することがないまま終わりましたが(買えばよかった…)、こちらは産後も骨盤調整に使えるので用意して損はないですね!

腹帯をする上での注意点

腹帯はあった方が安定感もあるのでいいのですが、妊娠中は本当に体調が変わりやすいです。なので、締めすぎには注意しましょう。

気持ち悪くなったり、貧血気味になったらすぐに緩めるように注意が必要です。

我慢は禁物!!!

サイズの選び方

マタニティ用品のサイズの選び方ですが、犬印さんがわかりやすい表を作ってくれているのでこちらを紹介しますね。

犬印サイズ一覧表

よほどのことがない限り、妊娠前にMを使っていたならM、Lを使ってたならLを選ぶ感じでいいようです。

私はどうしてたっけ?と思いましたが、お店でお腹を測ってもらってた記憶が…

(育児に追われて記憶が薄い)

まとめ

腹帯はいろんな種類があるので、自分に合うものを選んで快適なマタニティライフを送ってくださいね!とにかく、冷えや腰痛の緩和のためにも、腹帯はあった方がいい!!ということです。

ベビレンタ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2歳の息子をせっせと育児しているアラフォー母ちゃんです。
仕入れたお得情報、試した商品、失敗した体験談、息子とのことなどを発信中。


にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる